第2章

家で、金子は2つの精神を盗んだ
天気、彼はマリーはいなかった
彼はミスしないつもりだった
もし、それが知られたら、人形は消える
金子は彼の日記の中を見て、驚き、ショックを受けた
それは15ヶ月前から、戦争が始まった。
そこには殺された14人の生徒の事が書いてあった。
金子は夜も眠れなくなった。
私は戦争を知らなかった!
私はハコの中のものが、どこかに消えた!
あの夜、学校に戻ったとき、人形をセキリュティー月夜

広告を非表示にする