マリー…  第1章

その寒い午後は1943年のマーチだった
とねアズマ学校は北グンマーの山にあります
私はその人形を処分することが私たちに出来る!といいました(校長が)
私も賛成です!その青い目の人形は敵だ!焼くべきだ!と、若いティーチャーがいった。
私たちには出来ない!と別のティーチャーがいいました。
金子は、コノ学校の教頭で、彼は目を閉じながら考えた!
日本はアメリカと戦争をしていた。だが、その人形はマリー。戦争はなかった
彼女は、アメリカから16年前に来た。13000の人形と共に。
彼女は、友達に人形をあげた。それは友情の証。
金子は、思い出していた。その日、彼は生徒の人形にジュースを飲ませた。
そいつはマリー。彼女はアンバサダー。友情の証。
彼はそう話した
彼は開眼した。「私は知らない。もし私たちがそれを燃やしても、友情の証は失われない。私にダークマターをください。」
マリーは、金子の元に戻った。

広告を非表示にする